肌に浸透する化粧水のつけ方

肌に浸透する化粧水のつけ方

以前までは手にとって雑に塗るだけだった化粧水。
最近、両手で顔を包みこむようにつけると「しっとり」「もちもち」感がアップすることを発見した。化粧水をつけるベストなタイミングは、洗顔をした後か、お風呂に入った後。タオルで顔を拭いて、つっぱり感が出てくる前に、手のひらに500円玉くらいの化粧水を出し、手をこすり合わせる。手のひらに広がってついた化粧水を顔全体にいきわたせるように、両手で顔を包み込むように近づけ、押さえる。詳しくはセラミド 化粧品にアクセスしてください。
押さえた時に、肌に化粧水が少し浸透してる感じが感じられたら、手を離し、また手をくっつける・・・という作業を何度か繰り返す。この作業を繰り返していくと、手が肌にくっつくようになってきて、肌の感触もモチモチっとしてくる。これが肌に化粧水が浸透する合図となるから、あとは乳液をつけて潤いを閉じ込めるだけ。詳細はこちら→セラミド 化粧品をご覧ください。

 

この化粧水のつけ方をしてからというもの、外に出た時の乾燥感も無くなったし、顔全体に張りが出てくるようにもなった。もっと若い時に気づけばよかったけど、ほうれい線も少し薄くなったし、1〜2歳は肌が若返った感じがする。何事も丁寧にやらないとダメだなぁ、と実感してる今日この頃。