パチンコ依存症で金銭感覚が麻痺

パチンコ依存症で金銭感覚が麻痺

 お金に対する感覚が麻痺してしまったら、それはとても怖いことです。お金をいくら使えば良いのか?どのくらいまで使うことが許されるのか?などはとても大事な感覚で、それが麻痺してしまうと社会生活に支障をきたしてしまいます。
コチラではパチンコ やめたい人の為の手助けを致します

 

 パチンコ依存症になると、明らかに金銭感覚が麻痺しているというような行動が見受けられます。大当たりになるまで次々とお金をつぎ込んでしまったり、借金をしてまでパチンコを打ちたくなってしまったりなどです。これらの行動はパチンコ依存症の人特有で、大よそまともとは言えないような行動です。

 

 ただ、本人には自分の金銭感覚が麻痺しているという自覚症状があまりないため、その状態からもとに戻すのがとても大変です。パチンコ依存症になってしまったことで人生そのものがおかしくなってしまうという人も少なくありませんし、金銭感覚の麻痺はそのスタートです。

 

 ですので、パチンコ依存症にならないようパチンコはほどほどにするべきです。
ココで→パチンコ やめたいと口だけ状態から抜け出したい